ウォーターサーバーとは

以前は業務用のイメージが強かったウォーターサーバーは、家庭にも普及し始めています。
ウォーターサーバーとは、ウォーターサーバー自体の機械の上部に、水のガロンボトル(容器)をセットすることで、冷水と熱湯のどちらも利用出来る冷水熱水器具です。
要するに、ウォーターサーバーが一台あれば、冷水と熱湯をいつでも利用できる優れた機械です。
ウォーターサーバーは様々なメーカーが運営しており、加入することでウォーターサーバーの機械を自宅に設置します。その後は、水を購入するだけで自宅に届きます。
有名な採水地による天然水がほとんどで、安全性の高い天然水をいつでも利用できる便利な機械です。

 

ウォーターサーバーを取り入れる家庭が増えているのは、水の安全性にこだわっているからです。
私たちの体の6割以上は水分で構成されています。つまり、健康には水が必要不可欠。
とはいっても、水道水をそのまま飲むのは抵抗を感じる方は多いのではないでしょうか。そんな時、ウォーターサーバーなら天然水をいつでも飲めるのです。しかも、熱湯でも利用出来ます。

 

 

ウォーターサーバーは電化製品と言う分類で、コンセントを挿すことで冷水と熱湯がいつでも利用できるようになります。電気量が気になるところですが、電気ポットを常に使っているのであれば、それほど大差ありません。
最近は特に放射性物質の問題から、ウォーターサーバーを取り入れる家庭が増えています。

 

定期的に水が宅配されてくるので、ミネラルウォーターを買いに行く手間も省けますし、使い続けるのであれば、コスト削減にもなり経済的です。

 

初期費用に関しては、ほとんどのメーカーが無料に設定しています。なお、契約解除については、早期退会の場合は解約料金が発生することが多いのですが、メーカーが提示する年数を使い続ければ、無料で解除出来ることも。
1年通して負担する費用は、水代と宅配料・レンタル料・維持費用などです。しかし、メーカーによっては宅配料やレンタル料を無料に設定していることも多いので、メーカーを選べば、お得に利用出来ます。
また、ウォーターサーバーのメンテナンス料もメーカーによりますが、宅配回数や契約期間によっては、メンテナンス料も無料になることがあります。

 

毎日多く水を使う、毎日飲む水にこだわりたい方には、特にウォーターサーバーは利用価値があります。
高級なイメージが強いのですが、意外とメーカーによって低価格で利用出来ます。


このページの先頭へ戻る