ウォーターサーバーの設置費用

ウォーターサーバーは一般的にレンタルとなっています。企業の場合は販売されることもありますが、一般家庭では基本的にレンタルです。

 

新規契約後は、ウォーターサーバーが業者によって設置されます。会社、家庭だとしても、まず設置場所を考えておきましょう。コンセントが必要ですから、コンセントが届く位置でスペースを考えてください。会社の場合は、給湯室なのか、自販機などを設置するフロアに置くのか検討する必要があります。

 

また、繁忙期や混雑している場合は、設置までに時間を要することがあります。
例えば、まだ記憶に新しい震災の際は、ウォーターサーバーの発注が追い付かなくなりました。
なので、事前に設置することが重要です。ことが起きてから設置しては遅いので、早めに契約しておきましょう。

 

ウォーターサーバーの設置費用は、一般的に無料としているメーカーがほとんどです。
ただし、設置費用を無料とする代わりに、月々の水の購入数を○本以上と決められていることがあります。もしくは、購入数を設定しない代わりに設置費用が有料となることもあります。
これはメーカーによって異なりますから、契約する前に確認しておきましょう。

 

設置費用は無料だとして、費用がかかるのはレンタル料金とメンテナンス料金です。それ以外は、基本的に水代です。配達料も一般的に無料にしていることが多いです。
メンテナンス料金は契約後の年数に応じて決められていることが多いようです。2年以上ならメンテナンス無料など。逆に早期のメンテナンスになると、5,000円ほどかかることもあります。
レンタル料金は無料にしているメーカーもありますが、初期費用と同じで、月々の購入鳳雛の際定数を決められていることがありますので、確認してください。
レンタル料金は一般的に500〜1000円ほどです。

 

ウォーターサーバーは一度設置すれば、トラブルがない限り大きな出費はありません。先ほど挙げたメンテナンスに関しても、トラブルが無ければ必要ありませんから。
ウォーターサーバーによっては、自分で簡単にメンテナンス出来るタイプもあるので、常に清潔にはしておきましょう。


このページの先頭へ戻る