ウォーターサーバーの維持費用

ウォーターサーバーのメーカーによっては、「初期費用・レンタル料金・宅配料金」などの費用を無料に設定していたり、サービスを行っていることがあります。

 

しかし、メーカーでは絶対に負担できないのが「維持費用」です。
維持費用とは、電気代のことです。

 

ウォーターサーバーはコンセントを繋ぐことで利用する機械なので、どうしても電気料金が発生します。
冷水と熱湯どちらも常に準備している状態ですから、電気料金が発生するのは当たり前ですね。
そこで、ウォーターサーバーの利用に悩む主婦の方も多いようです。

 

 

ウォーターサーバーの平均的な電気料金は、月額1,000円ほどとされています。もちろん、ウォーターサーバーのメーカーによっても異なります。
また、最近では節電が注目されていますから、ウォーターサーバーによっては省エネ対応になっているものも増えています。
中には、電気料金の目安が月額300円〜というものも。これですと、年間で7,000円以上の節約になります。

 

それに、月額1,000円前後だとしても、電気ポットを利用するよりは経済的になることがあるようです。
電気ポットの場合は熱湯しかありませんから、それを考えるとウォーターサーバーの方が多様ですよね。しかも、ウォーターサーバーは天然水なので、水道水の熱湯よりも品質が高くなります。
現時点で電気ポットを利用しながらミネラルウォーターを購入しているなら、ウォーターサーバーの方が経済的だと言えるのではないでしょうか。

 

また、ウォーターサーバーを利用しない時間帯や期間に電源を抜いておけば、電気代の節約が可能です。旅行している間など、家を空けている期間に電源を抜けば、電気代が高くなる心配がありません。
ウォーターサーバーがあれば水道を利用する頻度が減りますから、水道水の節約にもなります。

 

電気代が気になる方は、メーカーそれぞれの月核電気料金の目安を調べてみましょう。


このページの先頭へ戻る