水の硬度について

水には硬度があり、その数値によって『軟水』と『硬水』に分類されます。
硬度とは、水に含有されているカルシウム・マグネシウムの濃度で算出されますが、算出基準については各国で違いがあります。
ここで言う水に含まれるカルシウムやマグネシウムはミネラルの一種であり、地下の岩石がじっくりと溶けだしたことで発生しています。日本の場合は島国なので、水の底流年数が短いことから、硬度は低くなりやすいとされています。逆にヨーロッパなどの大陸の場合は日本との環境の違いから、硬度が高いのが特徴的です。

 

さて、話を戻しますが、日本の場合は、アメリカの算出基準を採用しており、
「カルシウム濃度(mg/L)×2,5+マグネシウム濃度(g/L)×4,1」という方法で硬度が算出されます。

 

軟水・硬水の分類については、次のようになっています。

 

○硬度100以下……軟水
○硬度101〜300……中軟水
○硬度300以上……硬水

 

これが一般的な硬水・軟水を分類する目安になっています。

 

日本の名水と言えば、富士や京都が挙げられますが、どこの場所でも、日本国内であるため、多少、硬度に違いがありますが軟水に分類されます。中には、20以下の超軟水も存在します。

 

日本茶や赤ちゃんのミルクには、軟水が最適とされていますから、日本の水は日本人にとって最適と言えます。


このページの先頭へ戻る