市販のミネラルウォーターよりウォータサーバーが安全?

水道水の利用に抵抗があると、ミネラルウォーターを購入しますよね。
ミネラルウォーターよりもウォーターサーバーの方が安全性が高いかもしれません。
中身は、どちらも天然水です。ウォーターサーバーもミネラルウォーターもメーカーによって、自然派の天然水を使用しています。
天然水ですから、水道水より、どちらも安全性が高いと言えますよね。
ただ、ミネラルウォーターは「ペットボトル」に入っていることがポイントです。
ウォーターサーバーは専用の容器やパックを使用しています。
例えば、夏場にペットボトルを購入し、蓋を一回開けるだけで、菌が増殖すると言われています。冷蔵庫に入れればまだいいのですが、常温状態で放置してしまうと、たった1日でも菌が増殖してしまいます。それを飲むのは、ミネラルウォーターを利用する意味がなくなってしまいます。それに、冷蔵庫で冷やしたとしても、一度開封している状態なので、菌は増えていくだけです。
蓋部分を人の手が触れるわけですから、雑菌が増えてしまうのです。
一方、ウォーターサーバーは一度設置してしまえば、使い切るまで触ることがありません。これだけでも、菌を繁殖させないことになり、天然水をキレイなまま維持できます。しかも、メーカーによって技術の高い容器やパックを利用しています。殺菌技術が施されていれば、菌が増えることはありませんし、空気にさえ触れないように工夫されています。こういった面で、市販のミネラルウォーターよりもウォーターサーバーの方が安全性が高いと考えられます。

 

また、会社で美恵らるウォーターを1本買い、それを社員全員で使うとなれば、多くの人の手がペットボトルに触れるので、菌が増殖しやすくなります。個人個人でペットボトルを購入して冷蔵庫に入れるとなると、冷蔵庫の中はいっぱいに。
その点、ウォーターサーバーなら安全性が高いですし、一カ所に設置するだけなので、冷蔵庫の中身が増えることもありません。

 

そして、市販のミネラルウォーターを買い続けることを考えると、ウォーターサーバーの方が経済的なのです。
このように、市販のミネラルウォーターよりウォーターサーバーの方がメリットがあると考えられ、ウォーターサーバーを導入する企業や家庭が増えているのです。


このページの先頭へ戻る